愛され商品(売れる商品)を作るための情報収集 OEM+α=愛され商品

愛され商品(売れる商品)を作るためのリサーチ段階では、情報を多く集める必要があります。
その際、気をつけることがあります。
1.本当の情報か?
2.一次情報か?
3.二次情報か?

そもそも、フェイクだと話になりませんので、色々見てください。

一次情報とは、実際に自分自身で体験したり見たりして得た情報のことです。
これは、非常に有用な情報です。
ただし、色々費用が掛かります。
時間もかかります。

例えば、街頭アンケ―トなどをして情報を集めたり、A/Bテストという広告手法を使って試験的に高校効果を測定したりする情報です。

これは、自分自身で本当の情報を集めているので、情報の価値は高くなります。

二次情報とは、情報自体の収集をしたものになります。
ネットの記事やブログなどに色々載ってますよね。

その情報は、加工されているかもしれないので、信頼度も低くなります。
ネットで見つけて、自分の情報のように記載するために、言葉を変えたりしています。

日常のことや、旅行などなら別にどうでもいいことですが、商品開発の情報にするには、リスクが出てきます。

今、関東の一部でダークピンクが流行りだしています。
これから日本全国でダークピンクが流行りますよ・・・
本当かな??

愛され商品を作る場合、ある程度母数のある情報を元にした方が良いです。
愛され商品を作る際、自信を持てる情報を元に作る方が作っていて不安にならないですよ。しかも、その方が売れる可能性がUPします。

『愛され商品イチから作る”脱”転売の専門家 牧隆行のmm式クラウドファンディング』を略してmm式ビジネスと言っています。その商品のことを愛され商品と呼んでいます。

mm式ビジネスについてはこちら。mm式ビジネスとは?
愛され商品についてはこちら。愛され商品って何だろう?

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。