商品をイチから作るのは大変?OEM+α=愛され商品

『愛され商品イチから作る”脱”転売の専門家 牧隆行のmm式クラウドファンディング』を略してmm式ビジネスと言っています。その商品のことを愛され商品と呼んでいます。

mm式ビジネスについてはこちら。mm式ビジネスとは?
愛され商品についてはこちら。愛され商品って何だろう?

愛され商品を「イチから作る」ってことについて書いてみます。

文字通りアイディアをだし、企画して商品を作り上げることです。

ただ、ハンドメイドを作ったことのある方なら自分の力で商品を作るというとピンときますよね。手編みのマフラーなどです。でも、量産品を作るとなるとイメージがわかない方も多いと思いますし、自分で作ってみようと思ってもなかなかできるものでもないですよね。

中国輸入をされていた方は、洋服についているタグを作ってすり替えたり、パッケージを作ってオリジナル感を出して販売したこともある方もいると思います。

でも、愛され商品は、そのような物ではございません。リサーチして、これだと思えるものを作ることになります。

もちろん、これから販売してくわけですか、需要のある商品をしらべなければなりません。そうはいっても現代社会はWEBが発達してランキングがわかるので何が売れているか少し調べればわかります。問題は、工場にどのように支持を出さなければいけないかです。この辺りは、やったことがない人にとってはかなりのハードルになります。

そんな難しいことできない!という心の声が聞こえてきそうですね。
でも、問題はありません。コツを覚えてしまえば、ある程度は出来るようになります。

今まで何名もの方々に仕様書を作って貰ったのですが、商品化ができてしまうのです。これは、経験していくと分かったきますが、思った以上に簡単に作れる方法があるのです。

確かに実際にやっているときは、大変に感じますが、自身の力がついてくれば来るほど簡単に感じられるようになります。体感した方は、挑戦して良かったと口々に言ってくれます。

その後は、第2弾、第3弾と愛され商品を考え、企画できるようになってきます。しかも、転売と違って自分の思いのある物を作るので、行動自体も楽しくなってきます。

今まで、モノづくりを経験して来なかった方でも、個人で商品企画ができるように、なれるのです。もちろんその後押しや、サポートは必要かもしれません。

それを考えると、展示会に出品している商品の利益率を計算して販売するのがばかばかしくなてきます。それなら、自分で商品を作って、その商品を展示会に出して、皆さんに取り扱ってもらう方が良くないですか?

オリジナル商品を作ってビジネスをしたい方は、転売、ODM、展示会の商品を販売することよりも、愛され商品をイチから作るって展開したほうが将来があると思います。

愛され商品=オリジナル商品+α=OEM+α

『愛され商品イチから作る”脱”転売の専門家 牧隆行のmm式クラウドファンディング』では、商品開発の事例も充実しております。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。