カテゴリーの市場規模を考える OEM+α=愛され商品

愛され商品をイチから作る場合、市場規模を把握する必要があります。
プラットフォームで販売するなら、そのプラットホームでのカテゴリー販売規模を調べればいいと思います。

ただ、せっかく愛され商品をイチから作るので、プラットホームにこだわらず後のことも考えると販売に広がりが出ます。

市場規模を調査することはプラットフォームに限らず、特定の市場における買い手の数や売上総額を調べる事になります。

その数字がわかると、市場規模が大きいのか小さいのかわかります。
また、そこにいるライバルに太刀打ちできるのかも見えてきます。

自分の目標に対して、市場規模が大きいのか小さいのか判断すると良いでしょう。  
   
愛され商品を作る場合、長期的に販売していく戦略が向いていますので、市場は徹底的に調べましょう。

参入しては、行けない市場もあります。
そのカテゴリーを思い浮かべた場合、思い浮かぶブランドがいるカテゴリーです。
そこには、相当資金がないと太刀打ちできません。

ODMは、簡単にできます。
OEMもある程度勉強すればできるようになります。

でも、販売は、別です。資本力のある所は強いです。
その場合は、少しづらす戦略を取ることをお勧めします。

『愛され商品イチから作る”脱”転売の専門家 牧隆行のmm式クラウドファンディング』を略してmm式ビジネスと言っています。その商品のことを愛され商品と呼んでいます。

mm式ビジネスについてはこちら。mm式ビジネスとは?
愛され商品についてはこちら。愛され商品って何だろう?

関連記事

  1. イチから商品を作ると見えてくるもの OEM+α=愛され商品

  2. 愛され商品は、難しい? そんなことないです OEM+α=愛され商品

  3. 愛され商品のサンプルを作る OEM+α=愛され商品

  4. 『愛され商品をイチから作る』実践した方の感想 OEM+α=愛され商品

  5. 商品をイチから作るのは大変?OEM+α=愛され商品

  6. 転売はやめたほうがいいのか?? OEM+α=愛され商品

  7. 商品が出来上がるまでの工程 OEM+α=愛され商品

  8. 中国輸入転売肯定派ではありますが・・・ OEM+α=愛され商品