イチから商品を作ると見えてくるもの OEM+α=愛され商品

愛され商品と転売で大きく違うところは
自分だけの商品を持っているか、他人も扱える商品なのかになります。

愛され商品は、自分で作ってく商品です。
企画段階で商品を意思しはじめると今までまったく気にならなかったことが気になるようになります。

例えば、メンズのリュックを作ろうと考えます。
するとあら不思議。メンズリュックが目に飛び込んでくるのです。

心理学で「カラーバス効果」というらしいです。
駅でも街でも目に入って来るようになります。

自分の必要な物しか見えなくなる。
意識して経験してみるといいですよ。

次に考えるは、愛され商品を作った後、販売をどうしようかということです。
これも、同じ原理で販売するための情報に敏感になってきます。

これを繰り返すことにより、物販のプロになっていくんだと思います。

中国輸入転売のみの思考だと、リサーチや小手先のテクニックに意識を持っていかれます。
その為、小手先の技術のみで成長は止まります。

愛され商品をつくる場合、まったく別の世界へ意識が行きます。
自分も成長していき、ビジネスも成長していく。

愛され商品を作りたくなりましたか?
どうせ、ビジネスをやるなら高みを目指しませんか?

『愛され商品イチから作る”脱”転売の専門家 牧隆行のmm式クラウドファンディング』を略してmm式ビジネスと言っています。その商品のことを愛され商品と呼んでいます。

mm式ビジネスについてはこちら。mm式ビジネスとは?
愛され商品についてはこちら。愛され商品って何だろう?

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。