起業したい場合にはどんな就職先を選べばいい?

起業したい場合にはどんな就職先を選べばいい?

起業したいという方の中には、「まず一度は就職をしてから……」と考えている方もいるのではないでしょうか?起業にあたって一度は就職しておくべきなのか、それともいきなり起業してしまうのかというのは常に議論されていることなのですが、ここでは就職することを前提にどのような就職先を選べばいいのかについてお話ししていきたいと思います。

・就職先に大企業を選ぶ必要はない

起業したいと考えている方の中には、就職先として大企業を選ばなければいけないと思い込んでいる方も少なくありません。確かにかつては大企業出身の起業家というものが目立っていましたが、実は最近の起業家で大企業出身というのはあまり見かけなくなっています。というよりも、中小企業出身の起業家のほうが多くなっているのです。

つまり、今は起業したいからといって大企業を就職先として選ぶ必要はないのです。それよりは変化率の大きな中小企業で経験を積んでおいたほうがいいでしょう。変化のある環境の中で臨機応変に対応できるような人間になっておくと、起業して思うようにいかないときでも焦らずに冷静に対処することができるかもしれません。

・中小の就職先でそのまま上を目指すという手も

これは起業したいという方にしてみるとあまり本意ではないかもしれませんが、就職先として中小企業を選んで、そこで上を目指してゆくゆくは代表に……というのもひとつのアプローチです。というのも、中小企業においてはやはり結果を出した人間がそのままストレートに上へ行きやすいのです。身も蓋もない言い方をしてしまうと、就職先の起業を乗っ取るというわけです。ゼロから自分で作り上げていくのではなく、すでに出来上がったものだからこそ楽という部分は確かにあるかと思います。

ちなみに、中小企業でノウハウを学んで、有能な社員のみを引き抜いて起業するというやり方もできますし、実際にやっている方もいます。ただ、このやり方は恨みを買いやすいため、その点は注意が必要です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。