クラウドファンディングサイト「Readyfor(レディーフォー)」とは?

クラウドファンディングサイト「Readyfor(レディーフォー)」とは?

クラウドファンディングサイトもいろいろなものがありますが、日本で初めて購入型のクラウドファンディングサイトとしてリリースされたところをご存知でしょうか?それが「Readyfor(レディーフォー)

です。ここでは、クラウドファンディングサイト「Readyfor(レディーフォー)

についてご紹介していきたいと思います。

・日本で初めての購入型クラウドファンディングサイト

今でこそいろいろなクラウドファンディングサイトがありますが、その中でも日本で初めての購入型クラウドファンディングサイトとして登場したのがReadyfor(レディーフォー)です。リリースは2011年なので、クラウドファンディングが今ほどの盛り上がりを見せていなかったタイミングでいち早くリリースしていたのです。

現在、Readyfor(レディーフォー)では購入型のプロジェクトと寄付型のプロジェクトが見られます。クラウドファンディングの実施方式としては「All or Nothing」を採用しており、募集期間中に目標金額を超えたときにプロジェクトが成立し、資金を受け取ることができます。逆に、不成立となってしまった場合には資金を受け取ることができず、支援者に全額返金されるようになっています。

・社会貢献系のプロジェクトがメイン

クラウドファンディングサイトにおいては、それぞれのサイトでプロジェクトに傾向が見られます。Readyfor(レディーフォー)においては、社会貢献系のプロジェクトが多いというのがひとつの傾向になってきます。話題のふるさと納税に関するプロジェクトなどもありますので、誰かの役に立つという感覚を抱きながら利用することができるでしょう。

資金集めに限界を感じている方はReadyfor(レディーフォー)を通して効率的に資金を集めることができますし、支援をする側もただ資金を提供するだけではなく間接的に誰かの役に立てているという実感を得ることができるでしょう。とても優しいクラウドファンディングサイトと言えるかもしれません。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。