クラウドファンディングとは何なのか?その言葉の意味と存在意義について

クラウドファンディングとは何なのか?その言葉の意味と存在意義について
最近になってよく見聞きするようになったクラウドファンディングなのですが、どこか自分とは関係のないものと思っている方も多いのではないでしょうか?しかしながら、クラウドファンディングというのは思っている以上に身近なものです。ここでは、クラウドファンディングとは何なのか、その言葉の意味や存在意義についてお話ししていきたいと思います。
・クラウドファンディングとは何なのか?言葉の意味は?
クラウドファンディングとは何なのかを知るためには、その言葉の意味を知るのが手っ取り早いでしょう。「クラウド」というのは群衆を、「ファンディング」というのは資金調達を意味します。つまり、「群衆による資金調達」といった意味合いになります。ちなみに、「クラウドファンディング」という言葉自体はもともとあったのではなく、造語として存在しています。
クラウドファンディングでは群衆、つまり不特定多数の方から資金を調達することができます。ひとりの人やひとつの場所からたくさんの資金を調達するのではなく、より多くの人から少しずつ資金を提供してもらうというのがクラウドファンディングです。少ないリスクで資金を調達し、それをもとにいろいろなことを始めることができるのです。
・クラウドファンディングの存在意義
クラウドファンディングのような仕組み自体はかなり昔からあったのですが、ここ最近になって急激に注目を集めるようになり、実際にクラウドファンディングで資金を調達したり、クラウドファンディングで寄付や出資をしたりする方も目立つようになりました。では、クラウドファンディングの存在意義というのは一体何なのでしょうか?
少し嫌な言い方になってしまうかもしれませんが、今の時代はお金がないと何もできません。新しい商品やサービスを展開するにしても、誰かを支援するにしてもお金が必要になります。ただ、お金を集めるというのはとても大変なことです。しかしながら、それを少ないリスクで叶えてくれるのがクラウドファンディングなのです。クラウドファンディングによって必要なところに必要な支援がいき、新しい商品やサービスが誕生するのです。ありとあらゆるものにおける可能性をつぶさずに済むというのがクラウドファンディングの存在意義なのかもしれません。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。