クラウドファンディングで起業資金を集めるメリットとデメリット

クラウドファンディングで起業資金を集めるメリットとデメリット

クラウドファンディングというと何かしらの新しい商品やサービスのために役立てられているというイメージが強いかと思います。ただ、クラウドファンディングというのは起業資金を集めるのにも活用されています。実際に、これまでにクラウドファンディングで資金を集めて起業している方もいます。ここでは、クラウドファンディングで起業資金を集めるメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

・クラウドファンディングで起業資金を集めるメリットとは?

通常、起業のための資金というのは自分で一生懸命に貯金をしたり、借り入れをしたりして集めることになるかと思います。実際に、これまでにそういった形で起業資金を集めていたという方も多いでしょう。ただ、クラウドファンディングであれば自分の貯金をゼロにすることもなく、借り入れをすることもなく起業資金を集められる可能性があるのです。

もし支援が多く集まれば、目標としている金額を大きく超えた資金が集まってくる可能性もあります。クラウドファンディングを始めることというのはそう難しくないですし、簡単に目標金額以上の起業資金が集められるかもしれないのです。これがクラウドファンディングで起業資金を集めるメリットといえるでしょう。

・クラウドファンディングで起業資金を集めるデメリットとは?

貯金をゼロにすることもなく、借り入れをすることもなく、簡単に起業資金を集められる可能性のあるクラウドファンディングなのですが、やはりデメリットもあります。まず、クラウドファンディングだからといって絶対に資金が集まるとは限らないという部分です。効果的に訴えていかないと、本当に雀の涙ほどの資金しか集まらない可能性もあります。

また、資金を集めるために具体的な内容を訴えていく必要があるかと思いますが、そういった情報公開によって起業アイディアを盗まれてしまう可能性も出てきます。もともとは自分の起業アイディアなのに他の人がそれで成功してしまって自分がまるで二番煎じであるかのような扱いを受けてしまう可能性もゼロではないのです。

メリットだけではなく、こういったデメリットも理解した上でクラウドファンディングでの起業資金集めをおこなっていきましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。